中学受験社会の受験勉強が間に合わない時の緊急対処法

中学受験社会の受験勉強が間に合わない時の緊急対処法

中学受験において勉強を始めるのが遅すぎて、間に合いそうもないといったケースは起こらないに越したことはありませんが、もしそのような場合はどのように対処しておけばよいのでしょうか。

志望校分析をする

過去問など過去のデータから、志望校の頻出単元や傾向を調べましょう。勉強が間に合わないと感じているのであれば、社会の全範囲を今から学習することはほとんど不可能に近いです。学校によって出題される問題の傾向は必ずあるので、ムダな時間を費やさないよう出題される可能性が高い分野・単元を集中して学習しましょう。

優先順位をつける

志望校の中で出題される範囲で、頻出単元は確実に覚えましょう。覚えきれていない単元をきちんと時代背景や当時の情勢を踏まえて覚えるということは本来であれば必要ですが、時間がない中でほとんど分からないような単元を学習するのは極めて困難です。全く分からないといった問題は捨て、確実に解ける問題を増やしましょう。捨て単元もあるうえに曖昧に覚えてしまっては合格にはほど遠くなります。せめて自信を持って解ける問題や単元を増やしていく努力をしましょう。

思考力を養う

中学受験の社会において記述がメインの学校が志望校である場合は特に丸暗記では太刀打ちできません。社会は暗記教科ではありません。特に時事問題についてはその事柄が起こった原因や背景を知り、説明できるような形で理解しておかなければなりません。また、その問題に対して自分がどう考えるかなども問われることがあるので、時間がないなかでもニュースや新聞を見て日々日本や世界で起こっていることを把握するクセをつけましょう。

中学受験社会の受験勉強が間に合わないといったことにならないためにも、普段からテスト前に丸暗記だけで済ませたりせず、きちんと理解し、知識として身につける必要があります。暗記教科だから後から勉強しても間に合う、と思わずに、日ごろから学習を積み重ねていきましょう。